「3つの力で立ち向かえ!邪神封印戦」(2014年8月1日(金)10:00~2014年8月14日(木)23:59開催)における,アシストスタイルのコマンドの考察です.
ある程度はデータに基づいた分析をしていますが,基本的には私個人の感覚による攻略ですのでその点をご承知置きいただければと思います.

注意:
この記事は”第一次”邪神封印戦を元に書かれたものです.2014年9月22日(月) 10:00から9月30日(火) 23:59に開催される第二次とは細部が異なりますのでご注意ください.

アシストのまとめ

アシストの固有コマンドであるAP増加力UPは難易度を左右するほどの最重要コマンドで,すなわちアシスト不在のパーティはかなり厳しい戦いとなります.ただし,アシスト×4のパーティは攻撃力不足に喘ぐことになりがちです.やることがほぼパターン化されているので,特に悩む場面がありません.

通常攻撃

攻撃力DOWNが掛かっている場合,固定ダメージのHP吸収を下回るくらい非常に非力です.たとえばアシスト4人パーティでステータス補正はし終わり,HPを満タンというようなかなり特殊な状況でのみ使うことになるかと思います.繰り返しになりますが,攻撃力UPが3回積まれていたとしてもHP吸収にくらべ20ダメージ上回るか上回らないかというダメージしか与えられませんので,終盤のラッシュ時でもHP吸収を選んだ方がよいことも多いです.

HP吸収

邪神に35ダメージ与え,チームのHPを20回復します.邪神へのダメージに関しては攻撃力のUPDOWNに依存せず,完全固定のようです.ただし,回復力UPがかかっている場合にのみ回復量は若干増えるようです.
AP増加力UPと光の呪縛をかけ終わったアシストは,原則このHP吸収をひたすら連打することになるかと思います

AP吸収

邪神のAPゲージを若干減らし(おそらく1/4から1/5),チームのAPゲージを若干増やします.邪神のAPゲージがないとき,具体的には邪神行動直後に打っても無駄打ちになります.この場合チームのAPゲージも上昇しません.
チームメンバーの中に遅答する人がいない場合,非常に有効なコマンドとなります.2人以上がAP吸収に回ると火力不足になりますが,動向を見つつ使いこなせるとより安定するようになるでしょう.

AP増加力UP

邪神封印における最重要コマンドです.2回積むと全員正解時にAPゲージが空の状態からでも満タンにすることができるため,とにかく2回積むのはアシストの義務です.アシストが3人以下のとき初回コマンド時においてAP増加力UP以外のコマンドを選択することは全て悪手

邪神攻撃力DOWN

邪神の攻撃力を1段階DOWNさせます.3回も積めばかなりの効果を発揮しますが,HP吸収の方がダメージも与えられる分良さそうに思えます.HP吸収の回復量20分被ダメージが減ればいいのですが..

光の呪縛

以降,邪神が行動する度に邪神残りHPの5%分(小数点以下切り捨て)を与えます.
すなわち,これでとどめを刺すことはできません.
最初の1回のみ効果があり,2回目以降は空打ちとなるため,アシストが2人以上居る場合は空気の読み合いになります.無回答でダイブするなら「じゅばくうちます」のようなチャットをしてもよいでしょう.
状況にもよりますが,初期段階でこれを撃つことができれば累計150-200ダメージは稼げるので,AP増加力UPを3回積んだら次にこれを撃つのが定石です.

「QMA天の学舎 第一次邪神封印戦 アシストスタイル 考察」への2件のフィードバック

  1. どうやら巷ではAP吸収を使った邪神にターンを渡さない戦法が流行ってるようです。AP上昇MAXor2段階でAP吸収すると次の問題で3人正解ならAP即MAXで自ターン、AP吸収して繰り返し…とのこと。無論3人正解自体が厳しいので安定はしないでしょうが、AP吸収も捨てたものではないという評価のようです。

    1. >名無しさん
      コメントありがとうございます!
      AP吸収の有効性は認識していたのですが,記事に反映できていませんでした; 昨日もその戦術でHARDをクリアしてきました..
      1人以上解答に時間がかかる人が居ると上昇量は回復量を軽く上回るので,3人正解でもターンは回ってくるということがHP吸収などの他の行動に比べ,どの程度有効かということが判断の基準になるかと.
      ようやく分析に十分なデータが集まってきたので,できればその辺りの期待値も含めて検討してみたいと思います.

コメントは停止中です。