27問 (0.00 秒)

問題文 選択肢 解答
○○の養い
○○の歯(よわい)
○○の心
○○の労
天牛
犬馬
駑馬
走狗
×

×
×
○に祭文
○死すれば狐これを悲しむ
株を守りて○を待つ
○の登り坂




×

×
×
○の裏を返す
焼け跡の○拾い
○の折れ
耳に○




×
×

×
○は願いから鼻を通す
○の一散
○はいななき馬は吼え
○に汗し棟に充つ




×

×
×
○を指して馬となす
○を追う者は山を見ず
中原に○を逐う
夢野の○



鹿
×
×
×

○を進める
○頭で江戸へ行く
○とも談合
○っ子に目薬




×
×

×
○余りありて識足らず
螻蛄○
○子佳人
七歩の○




×
×
×

○才六
○を以て馬を相す
○を吹いて疵を求む
○筋ほども疑わない





×
×
×
○舞腰
○が髭揉む
○に烏帽子
○の尻笑い




×
×

×
○言以て之を蔽う
○議に及ばず
○寸先は闇
○か八か




×
×

×
○風索漠
三尺の○水
○霜烈日
○波を送る




×

×
×
「○は方円の器に従う」
「血は○よりも濃い」
「上手の手から○が漏れる」
「○もしたたるいい男」




×
×

×
「正直の頭に○宿る」
「苦しい時の○頼み」
「捨てる○あれば拾う○あり」
「触らぬ○にたたりなし」




×
×
×

ことわざ
2種類の鳥が出てくる
出典は『晋書』
凡人の中に優れた者が一人いる
烏鷺の争い
鵜の目鷹の目
鶏群の一鶴
鳶が鷹を生む
×
×

×
ことわざ
2種類の鳥が出てくる
獲物を求める時の様子
目的の物を捜す鋭い目付き
鵜の目鷹の目
雀百まで踊り忘れず
鵜の真似する烏
鷹匠の子は鳩を馴らす

×
×
×
下駄と焼き味噌
○○も仏も同じ木のきれ
○○履いて首っ丈
○○を預ける
脚絆
下駄
足袋
木靴
×

×
×
出典は『韓詩外伝』
丘吾子という男
「三つの過ち」の一つ
孝行をしたい時には親はなし
燃眉の急
蛍雪の功
累卵の危
風樹の嘆
×
×
×

故事成語の出典
「師を囲めば必ず闕く」
「呉越同舟」
「三十六計逃げるに如かず」
『十八史略』
『列子』
『孫子』
『孟子』
×
×

×
故事成語の出典
「暴虎馮河」
「君子は危きに近寄らず」
「四十にして惑わず」
『淮南子』
『韓非子』
『論語』
『孟子』
×
×

×
村木座海岸
高徳院
稲村ヶ崎
鶴岡八幡宮
鎌倉市
三浦市
横浜市
川崎市

×
×
×
燈心で竹の○を掘る
花は○に鳥は故巣に
枝を切って○を枯らす
○が深い





×
×
×
石に○あり
○を掩うて鐘を盗む
潁水に○を洗う
忠言○に逆らう




×
×
×

石部金吉金○
内○を見透かす
○を脱ぐ
勝って○の緒を締めよ





×
×
×
竜は○○にして昇天の気あり
○○の光陰軽んずべからず
○○の虫にも五分の魂
○○先は闇
一事
一寸
一気
一芸
×

×
×
綺麗○を揃える
独鈷鎌○
思案投げ○
真綿で○を締める




×
×

×
草を打って○を驚かす
○は寸にして人を呑む
○に噛まれて朽縄に怖じる
○の生殺し




×

×
×
轍鮒の○
短兵○
焦眉の○
序破○




×

×
×