201問 (0.00 秒)

問題文 選択肢 解答
1662年に発表
イギリスの物理学者
別名「マリオットの法則」
気体の体積は圧力に反比例する
パスカルの法則
ヘンリーの法則
ルシャトリエの法則
ボイルの法則
×
×
×

1943年にノーベル化学賞を受賞
マンハッタン計画に参加
スタンリー・ミターとの実験
重水素を発見
ボーア
ユーリー
プランク
ゲルマン
×

×
×
1957年10月4日
ロシア語で「衛星」の意味
ソ連が打ち上げ
世界初の人工衛星
アポロ1号
ソユーズ1号
ボストーク1号
スプートニク1号
×
×
×

1980年代にイギリスで発見
プリオン
全頭検査
牛海綿状脳症
BSE
鳥インフルエンザ
豚コレラ
SARS

×
×
×
2001年3月に廃棄
ロシアの宇宙ステーション
秋山豊寛が乗り込んだ
ガチャピンも乗り込んだ
ボストーク
ミール
スプートニク
スカイラブ
×

×
×
6-アミノ-9H-プリン
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
アデノシン三リン酸の構成要素
ウラシル
シトシン
グアニン
アデニン
×
×
×

6
4
8
9
素数
合成数
不足数
完全数
×

×
×
ph指示薬のひとつ
酸性なら黄色
アルカリ性なら青色
その中間なら緑色
メチルオレンジ
メチルレッド
フェノールフタレイン液
BTB溶液
×
×
×

「春の七草」の一つ
「川菜」「根白草」
若い苗を食用とする
名前は「競り合う」から
ナズナ
セリ
ゴギョウ
スズナ
×

×
×
「春の七草」の一つ
花は黄色
アブラナ科の植物
いわゆる「カブ」のこと
ハコベラ
スズシロ
スズナ
ホトケノザ
×
×

×
アインシュタインの通訳を担当
統計的品質管理の草分け
第1次南極越冬隊の隊長
登山家としても有名な化学者
鈴木梅太郎
今西綿司
西堀栄三郎
池田菊苗
×
×

×
アクチノイドのひとつ
原子番号99
ドイツの物理学者にちなむ
元素記号「Es」
アインスタイニウム
メンデレビウム
フェルミウム
ノーベリウム

×
×
×
アクチノイド
イエローケーキ
原子番号「92」
天王星にちなんで命名
テルル
セレン
ネプツニウム
ウラン
×
×
×

アシタバ
セロリ
パセリ
ニンジン
バラ科
アカネ科
ヒルガオ科
セリ科
×
×
×

アタマ
コロモ

漢字では「虱」
シラミ

ハエ
アブ

×
×
×
アメリカの古生物学者
オスマニエル・マーシュとの争い
千以上の脊椎動物の新種を発表
生物は進化するに従い巨大化する
バーバラ・マクリントック
エドワード・コープ
ジェーン・グドール
ルイス・リーキー
×

×
×
アメリカの発明家
コロンビア大学出身
パンチカードシステムの開発
IBM社の礎を築く
ハーマン・ホレリス
クロード・シャノン
ジョン・モークリー
マービン・ミンスキー

×
×
×
[画像問] アルカリ土類金属
ギリシャ語で「重い」
原子番号「56」
元素記号「Ba」
(橙赤色の炎色反応、カルシウム)
(短い深赤色の炎色反応、ストロンチウム)
(淡紫色の炎色反応、カリウム)
(短く薄青白い色の?炎色反応、バリウム)
×
×
×

[画像問] アルカリ土類金属
高温超伝導体の材料
原子番号「38」
元素記号「Sr」
(橙赤色の炎色反応、カルシウム)
(淡紫色の炎色反応、カリウム)
(青緑色の炎色反応、銅)
(短い深赤色の炎色反応、ストロンチウム)
×
×
×

アルゴ座を分割して成立
ガム星雲がある
天の川の中にある
学名は「Vela」
らしんばん座
ほ座
とも座
りゅうこつ座
×

×
×
イエ
ヒョウヒ
コナ
ニキビ
ダニ
アブ

ムカデ

×
×
×
イギリスのレンドクム生まれ
インシュリンの構造に関する研究
核酸の塩基配列の解明
ノーベル化学賞を2度受賞
サンガー
ブフナー
ポラニー
ユーリー

×
×
×
イギリスの人類学者
妻メアリーと共に活動
オルドヴァイ渓谷で発掘調査
ホモ・ハビリスを発見
ルイス・リーキー
ダイアン・フォッシー
ジェーン・グドール
バーバラ・マクリントック

×
×
×
イギリスの化学者
1904年にノーベル化学賞受賞
希ガス族の存在を示唆
アルゴンを発見
ベクレル
トムソン
ソルベー
ラムゼー
×
×
×

イギリスの医学者が考案
最初の生理的塩類溶液
体液と同様のイオン組成、浸透圧
緊急時、血液のかわりに注射する
ルゴール液
クノープ液
ベネディクト液
リンゲル液
×
×
×

イギリスの医師にちなむ
男女問わずあらゆる年齢層に発症
別名「慢性副腎皮質機能低下症」
低血圧、無力症状などが見られる
ファブリー病
アジソン病
クローン病
パーキンソン病
×

×
×
イギリスの医師
急性アヘン中毒で死去
オーウェンのライバル
イグアノドンの化石を発見
コープ
オズボーン
マーシュ
マンテル
×
×
×

イギリスの博物学者
著書『マレー諸島』
自然選択説を提唱
東南アジアの生物分布境界線
テオドール・シュワン
アルフレッド・ウォーレス
ジュリアン・ハクスリー
ウィリアム・ハドソン
×

×
×
イギリスの物理学者
エリザベス1世の侍医
地球を巨大な磁石と仮定
「磁気学の父」
マックスウェル
ファラデー
エルステッド
ギルバート
×
×
×

イギリスの科学者
色盲の研究
原子論
倍数比例の法則
ホイヘンス
オイラー
ドルトン
ヤング
×
×

×
イタリアの数学者
16世紀に活躍
カルダーノに師事
四次方程式の解法を発見
タルタリア
グリマルディ
フェラーリ
フィボナッチ
×
×

×
イタリアの物理学者
CERN所長を務めた
ファンデルメールとノーベル賞
ウィークボソン発見を導く
ラウラ・バッシ
エットーレ・マヨラナ
エミリオ・セグレ
カルロ・ルビア
×
×
×

インドではアガスティア
中国では南極老人星
全天でシリウスに次ぎ明るい
りゅうこつ座のアルファ星
アルデバラン
カノープス
スピカ
フォーマルハウト
×

×
×
ウィリアム・ハートマン
ドナルド・デービス
月の起源の仮説
地球に火星ほどの天体が激突
ディープインパクト説
セカンドインパクト説
ジャイアントインパクト説
ファーストインパクト説
×
×

×
ウィワクシア
オパビニア
ピカイア
カナダスピス
エディアカラ生物群
澄江動物群
シリウスパセット動物群
バージェス動物群
×
×
×

ウメ
サクラ
イチゴ
リンゴ
ツバキ科
セリ科
アブラナ科
バラ科
×
×
×

エウロパ
ガニメデ
カリスト
イオ
ハーシェル
ケプラー
ガリレオ
ハッブル
×
×

×
エンケラドス
テティス
ミマス
タイタン
火星の衛星
天王星の衛星
土星の衛星
木星の衛星
×
×

×
カリスト
ガニメデ
イオ
エウロパ
ガリレオ
ハーシェル
カッシーニ
ハップル

×
×
×
ガラスなど透明な容器
観葉植物の栽培
ヘビの飼育
ヤモリの飼育
リノリウム
サナトリウム
テラリウム
アクアリウム
×
×

×
キク科の多年草
カナリア諸島の原産
別名は「木春菊」
中央が黄、周囲が白の花を咲かす
マーガレット
ガーベラ
ダリア
コスモス

×
×
×
キク科の多年草
別名は「西洋薄雪草」
スイスとオーストリアの国花
ドイツ語で「高貴な白」
シネラリア
ガーベラ
マリーゴールド
エーデルワイス
×
×
×

キタカギノテ
アカ
ミズ
エチゼン
エイ
クラゲ
ウナギ
ナマズ
×

×
×
キャリントンが初めて観測
X、M、Cなどに分類
デリンジャー現象の原因
太陽面の爆発
黒点
フレア
白斑
プロミネンス
×

×
×
クジラ
コロモ
アタマ
ノミ
シラミ

ダニ
×

×
×
クモガニ科
メスはセイコガニ
山陰では松葉ガニ
北陸では越前ガニ
タラバガニ
ズワイガニ
アサヒガニ
アブラガニ
×

×
×
クローンステットにより発見
「白銅」は銅とこれの合金
必須元素の1つ
原子番号「28」、元素記号「Ni」
マンガン
ニッケル
コバルト
ガリウム
×

×
×
グアナコ
ビクーニャ
アルパカ
リャマ
ネコ科
ウマ科
ラクダ科
イヌ科
×
×

×
グレン・シーボーグらにより発見
火災報知器などに用いられる
原子番号「95」
アメリカ大陸にちなんで命名
ポロニウム
フランシウム
ユウロピウム
アメリシウム
×
×
×

コンピュータの入力装置
ダグラス・エンゲルバートが開発
感度を示す単位はミッキー
クリック、ドラッグ
ペンタブレット
マウス
トラックボール
キーボード
×

×
×
サザンカ
モッコク
サカキ
チャノキ
ツバキ科
アヤメ科
ツツジ科
フトモモ科

×
×
×
シェーレやプリーストリーが発見
ラボアジェが命名
原子番号は8
元素記号はO
酸素
水素
フッ素
窒素

×
×
×
シューベルト
ドストエフスキー
ベートーベン
ムラサキシキブ
水星のクレーター
木星のクレーター
月のクレーター
火星のクレーター

×
×
×
スウェーデンの天文学者
水の沸点を100度
氷の氷点を0度
ガリレイ
ケルビン
セルシウス
ファーレンハイト
×
×

×
スペースシャトル
1994年に向井千秋が搭乗
2003年、帰還途中に事故で大破
最初のスペースシャトル
ディスカバリー
アトランティス
エンデバー
コロンビア
×
×
×

スペースシャトル
アメリカ初の女性宇宙飛行士搭乗
1984年、初の命綱なしの宇宙遊泳
1986年1月、打ち上げ直後に爆発
エンデバー
コロンビア
チャレンジャー
ディスカバリー
×
×

×
スペースシャトル
毛利衛が日本人として初搭乗
若田光一、土井隆雄も搭乗
クックが航海に用いた船にちなむ
ディスカバリー
チャレンジャー
エンデバー
アトランティス
×
×

×
セメント質
エナメル質
象牙質
歯髄




×

×
×
セリ科
八丈島
切り口から黄色い汁が出る
摘み取ってもすぐに葉が出る
ワラビ
アシタバ
ゼンマイ
ヨモギ
×

×
×
チンパンジーの研究で有名
2008年に日本人初のリーキー賞
元・日本モンキーセンター所長
著書『人間性はどこから来たか』
今西錦司
河合雅雄
西田利貞
伊谷純一郎
×
×

×
ツィー
カフ
ルクバー
シェダル
北斗七星
南十字星
カシオペア座
すばる
×
×

×
ツクバ
ナルコ
カゴシマ
ミヤモト
水星のクレーター
金星のクレーター
火星のクレーター
月のクレーター
×
×

×
ツクバ
ミヤモト
ナルコ
カゴシマ
月のクレーター
地球のクレーター
水星のクレーター
火星のクレーター
×
×
×

テティス
エンケラドス
ミマス
タイタン
冥王星の衛星
天王星の衛星
土星の衛星
火星の衛星
×
×

×
デネブ
アルタイル
ベガ
夏の夜空に輝く
夏の大三角
秋の大曲線
冬の大三角
春の大曲線

×
×
×
トウゴロウイワシ科の淡水魚
南アメリカの原産の外来種
1966年にアルゼンチンから移入
「魚の王様」という意味
ペヘレイ
テラピア
ブラックバス
ニジマス

×
×
×
ドイツの化学者が考案
培養液の一つ
生育に必要な無機塩類の水溶液
植物の水栽培に利用される
クノープ液
フェーリング液
ルゴール液
ベネディクト液

×
×
×
ドイツの科学者
ルビジウムの発見
セシウムの発見
バーナーに名を残す
クラプロート
ウェーラー
リービッヒ
ブンゼン
×
×
×

ドイツ出身の科学者
終戦直前にアメリカに亡命
NASAの宇宙開発計画を牽引
V2ロケット
ウィリー・メッサーシュミット
クルト・タンク
ホルテン兄弟
ヴェルナー・フォン・ブラウン
×
×
×

ネコ科の猛獣
南北アメリカに生息
木登りと泳ぎが得意
別名「アメリカライオン」
トラ
ヒョウ
チーター
ピューマ
×
×
×

ネコ
ネズミ
イヌ
ヒト
ノミ

ハエ
ゴキブリ

×
×
×
ネズミザメ科
嗅覚が鋭い
人間を襲うことがある
映画『ジョーズ』に登場
ホオジロザメ
ウバザメ
アオザメ
シュモクザメ

×
×
×
ノーベル生理学医学賞の受賞者
デーキンと消毒法を開発
リンドバーグと人工心臓開発
血管縫合術で知られる
アウグスト・クローグ
アレクシス・カレル
アーチボルド・ヒル
シャルル・リシェ
×
○×
×
×
ノーベル賞候補に挙げられた
慶應大学医学部の初代学部長
ローベルト・コッホに師事
破傷風菌の純粋培養に成功
野口英世
志賀潔
山極勝三郎
北里柴三郎
×
×
×

ハヤシ
アキコ
チヨジョ
ヒミコ
金星のクレーター
火星のクレーター
水星のクレーター
地球のクレーター

×
×
×
ヒラコテリウム
メソヒップス
プリオヒップス
エクウス
ウマの祖先
ゾウの祖先
ネズミの祖先
クジラの祖先

×
×
×
フトモモ科の常緑髙木
別名は「百里香」
モルッカ諸島の原産
つぼみは香辛料クローブに
グアバ
ユーカリ
フェイジョア
チョウジ
×
×
×

フランスの動物学者
古生物学の大家
ラマルクの進化論に反対
天変地異説
ビュフォン
ド・フリース
ファーブル
キュビエ
×
×
×

フランスの医師にちなむ
比較的、女性に多い病気
内耳の血行障害などが原因
難聴を伴うめまいが繰り返す
ビュルガー病
メニエール病
アジソン病
ファブリー病
×

×
×
フランスの数学者
トポロジーの概念を発見
従兄弟はフランス大統領
数学における予想に名を残す
アンリ・ポアンカレ
ノーバート・ウィーナー
エドゥアール・リュカ
グリゴリー・ペレルマン

×
×
×
フランスの物理学者
「ねじり秤」の発明
2つの電荷間に働く力の法則
1Aの電流が1秒間に運ぶ電気量
アモントン
クラペイロン
ペラン
クーロン
×
×
×

フランスの物理学者
息子のジャンも物理学者
1903年にノーベル物理学賞を受賞
放射能のSI単位にその名を残す
ベクレル
マイケルソン
オストワルト
ファン・デル・ワールス

×
×
×
ブタバナ、キクガシラ
アブラ、テング
レーダーのヒント
血を吸う種類も
イタチ
リス
モモンガ
コウモリ
×
×
×

ブラジル原産
オシロイバナ科
イカダカズラ
フランスの航海者から命名
ガーベラ
ポインセチア
ハイビスカス
ブーゲンビリア
×
×
×

ホタル
アブラ
シーボルト
ハッタジュズイ
ゲジゲジ
ミミズ
ヤスデ
ヒル
×

×
×
マダガスカル島に生息
別名「ユビザル」
大きな目や長い尾が特徴
宇野誠一郎作曲の童謡
アイアイ
スローロリス
インドリ
テナガザル

×
×
×
マリーアントワネットの数学教師
解析力学の方程式
四平方数定理
2つの天体に影響されない点
ピカール
ケプラー
フェルマー
ラグランジュ
×
×
×

マンハッタン計画に参加
1938年にノーベル物理学賞を受賞
原子番号100の元素
イタリア出身の物理学者
セーレンセン
プランク
ラザフォード
フェルミ
×
×
×

ヤマト
ワモン
クロ
チャバネ
ダニ
ゴキブリ

シラミ
×

×
×
ユンナノゾーン
ミクロディクティオン
ミロクンミンギア
ハイコウイクチス
バージェス動物群
シリウスパセット動物群
澄江動物群
エディアカラ生物群
×
×

×
ラジウム
バリウム
カルシウム
ストロンチウム
アルカリ金属元素
ランタノイド
ハロゲン元素
アルカリ土類金属元素
×
×
×

ルテニウム
イリジウム
パラジウム
オスミウム
窒素族元素
炭素族元素
酸素族元素
白金属元素
×
×
×

一類感染症に指定
北里柴三郎が病原菌を発見
ヨーロッパでたびたび流行
別名は「黒死病」
マラリア
コレラ
ペスト
ラッサ熱
×
×

×
上皿
下皿
「てこの原理」の利用
分銅
分度器
体重計
天秤
定規
×
×

×
下方置換法で捕集する
赤褐色で刺激臭のある気体
水に溶けると硝酸になる
化学式はNo2
一酸化窒素
一酸化炭素
エチレン
二酸化窒素
×
×
×

中○
小○
親○
薬○





×
×
×
中心静脈
クッパー細胞
類洞
肝小葉
大腸
肝臓
腎臓

×

×
×
五類感染症に指定
「三種混合ワクチン」の対象
ニコライヤーが病原体を発見
北里柴三郎が菌の純粋培養に成功
天然痘
細菌性赤痢
破傷風
風疹
×
×

×
偏導
原始
一次
三角
関数
逆数
虚数
因数

×
×
×
公転周期は約8,706日
シェークスピアの戯曲から命名
ウィリアム・ハーシェルが発見
天王星の衛星のひとつ
チタニア
トリトン
フォボス
ガニメデ

×
×
×
内角の和は540度
対角線は5本
英語ではペンタゴン
野球のホームベース
四角形
五角形
八角形
十角形
×

×
×
別名「グローリー」
日本語では「御来迎」
ドイツの山の名前
観測者の影の周りに光輪が見える
ブロッケン現象
スロッシング現象
ブラウン現象
チンダル現象

×
×
×
別名「ハタオリ」
鳴き声は「ちょんぎいす」
コオロギの古名
『アリと?』
ウマオイ
コオロギ
カマキリ
キリギリス
×
×
×

別名は「欧氏管」
発見者はアルクオイマン
イタリアの解剖学者の名前に由来
鼓膜の内と外の圧力を保つ
エウスタキオ管
ボタロー管
ハバース管
毛細血管

×
×
×
化石人類
レイモンド・ダートが発見
「南のサル」の意味
アフリカ大陸
クロマニョン人
ジャワ原人
アウストラロピテクス
北京原人
×
×

×
北米から南米に分布
民族楽器チャランゴ
スペイン語で「武装したもの」
別名「ヨロイネズミ」
アルマジロ
ヌートリア
ハリモグラ
ハリネズミ

×
×
×
南天の星座
「トレミーの48星座」の1つ
学名は「Corona Austrina」
α星アルフェッカ・メリディアナ
みなみのうお座
みなみのさんかく座
みなみのじゅうじ座
みなみのかんむり座
×
×
×

南天の星座
かつては「こあみ座」と呼ばれた
「十字線」という意味
日本では沖縄でのみ観測可能
ヘルクレス座
エリダヌス座
アンドロメダ座
レチクル座
×
×
×

単体では柔らかい銀白色の金属
電気陽性が強い
いずれも炎色反応を示す
水素以外の周期表1族の元素
アルカリ金属元素
遷移元素
典型元素
ハロゲン元素

×
×
×
卵菌類
毛状の菌糸体を伸ばす
メダカや金魚の病気
水中で動植物の死体に生える
アオカビ
コウジカビ
ミズカビ
アカパンカビ
×
×

×
原子番号「84」
エカテルル
キュリー夫妻が発見
ポーランドにちなんで命名
ユウロピウム
アメリシウム
フランシウム
ポロニウム
×
×
×

古代ギリシアの数学者
ヘロンの師匠
発明家としても有名
「気体力学の父」と呼ばれる
ユークリッド
ピタゴラス
クテシビオス
ディオファントス
×
×

×
古代ギリシアの数学者
天文学・数学などで活躍
素数の判定法に名を残す
地球の大きさを割り出す
ディオファントス
アルキメデス
エラトステネス
ユークリッド
×
×

×
古代ギリシャの天文学者
48の星座を命名
代表作は『アルマゲスト』
英語では「トレミー」
プトレマイオス
ティコ・ブラーエ
ヘベリウス
ラカイユ

×
×
×
命名者はエーレンベルク
ワイル病の病原体
ライム病の病原体
回帰熱の病原体
クラミジア
レジオネラ
ヘリコバクター
スピロヘータ
×
×
×

命名者はキュビエ
大きく湾曲した牙
シベリアで氷づけの死体発見
インドゾウに近い
サーベルタイガー
ニホンオオカミ
ティラノサウルス
マンモス
×
×
×

四類感染症に指定
周期的な発熱発作が特徴
1~3週の潜伏期ののち発症
ハマダラカが媒介
コレラ
ラッサ熱
ジフテリア
マラリア
×
×
×

四類感染症に指定
発病すると死亡率が高い
コガタアカイエカが媒介
別名は「B型脳炎」
破傷風
結核
細菌性赤痢
日本脳炎
×
×
×

国際単位系における接頭辞
「10の12乗倍」を表す
ギリシャ語の「怪物」に由来
記号「T」で表される
メガ
ペタ
ギガ
テラ
×
×
×

国際単位系における接頭辞
「10倍」を表す
ギリシャ語の「10」に由来
記号「da」で表される
キロ
デカ
デシ
ミリ
×

×
×
国際単位系における接頭辞
ギリシャ語の「10」に由来
「10倍」を表す
記号「da」で表される
キロ
ミリ
デカ
センチ
×
×

×
坂本龍馬
レオナルド・ダ・ヴィンチ
エジソン
注意欠陥多動性障害
ADHD
PLMD
SAS
ED

×
×
×
夏に見かける昆虫
オスのみが鳴く
短い命
アブラ、クマ、ミンミン
セミ
クワガタムシ
カブトムシ
ホタル

×
×
×
夏の星座
17世紀にヘヴェリウスが設定
α星はアンサー
夏の大三角形の真ん中にある
おおいぬ座
こうま座
おおぐま座
こぎつね座
×
×
×

夏の星座
学名は「Cygnus」
「北の十字」とも呼ばれる
α星はデネブ
くじゃく座
きょしちょう座
はくちょう座
わし座
×
×

×
外科手術でおなじみの器具
「尖刃刀」と「丸刃刀」
日本では使い捨て式が主流
オランダ語で「小刀」
剪刀
鑷子
メス
鉗子
×
×

×
大きな数の単位
元々は仏教用語
西はりま天文台の望遠鏡
10の60乗
無量大数
那由多
阿僧祇
恒河沙
×

×
×
天文家ティコ・ブラーエのペット
北欧では「森の王」と呼ばれる
英名は「エルク」「ムース」
最大のシカの仲間
エゾジカ
ヘラジカ
ハナジカ
アカシカ
×

×
×
太陽の一部
高さ数千~数万km
日食の際は肉眼でも観測可能
別名「紅炎」
フレア
コロナ
プロミネンス
黒点
×
×

×
定向進化説を支持
アメリカ自然史博物館館長
ヴェロキラプトルを命名
ティラノサウルスを命名
マーシュ
アンドリューズ
オズボーン
コープ
×
×

×
対流雲のひとつ
記号は「Cu」
底は平らで上はドーム状
別名「わた雲」
巻雲
層雲
積乱雲
積雲
×
×
×

小さい数を表す接頭辞
「10のマイナス9乗倍」を表す
ラテン語の「小さな人」
記号「n」で表される
フェムト
ナノ
アト
ヨクト
×

×
×
必須元素の1つ
ドイツの大地の精霊から命名
ブラントにより発見
原子番号「27」、元素記号「Co」
クロム
チタン
ニッケル
コバルト
×
×
×

必須元素
原子番号「19」
肥料の3要素
元素記号「K」
硫黄

スズ
カリウム
×
×
×

数学賞のひとつ
4年に1度
アルキメデスのメダル
カナダの数学者が提唱
ネバンリンナ賞
フィールズ賞
アーベル賞
チューリング賞
×

×
×
旅人
植木
仕事
鶴亀





×
×
×
日本産は既に絶滅
羽は淡い紅色
後頭部に長い冠羽
佐渡島に生息していた
コウノトリ
アホウドリ
トキ
フラミンゴ
×
×

×
旧名はグルシニウム
X線機器の窓に使う
発見者はヴォークラン
原子番号「4」、元素記号「Be」
アルミニウム
ナトリウム
マグネシウム
ベリリウム
×
×
×

春の星座
「トレミーの48星座」の1つ
α星はドゥーベ
「北斗七星」で有名
こぐま座
おおぐま座
こじし座
おおいぬ座
×

×
×
昭和天皇の従兄弟
ジャン・デラクール賞を受賞
鳥類研究所を創設
ヤンバルクイナを発見
中西悟堂
名和靖
山階芳麿
松村松年
×
×

×
暗黒星雲
IC434
オリオン座にある
ある動物に似ていることから命名
キャッツアイ星雲
馬頭星雲
北アメリカ星雲
あれい状星雲
×

×
×
月のクレーターに名を残す
第1回文化勲章を受章
水沢緯度観測所の所長
緯度変化のZ項の発見
木村栄
長岡半太郎
仁科芳雄
野尻抱影

×
×
×
有袋類の一種
別名「フクロアナグマ」
絶滅危惧種に認定されている
タスマニア島にのみ棲息
オポッサム
コアラ
タスマニアデビル
クスクス
×
×

×
東ヨーロッパ原産
モクセイ科に属する
別名は「ムラサキハシドイ
フランス語では「リラ」
ライラック
ヒヤシンス
ハイビスカス
クロッカス

×
×
×
東部太平洋に生息
その肉を使ったカレーもある
英名は「Steller's Sea Lion」
アシカ科の中で最大の種類
ラッコ
トド
アシカ
イルカ
×

×
×
[画像問] 次の画像から連想される言葉は何?(土方、仕事)
(旅人)
(植木)
(鶴と亀)





×
×
×
気象衛星
レーダー
タクシー無線
UHFテレビ放送
超音波
可視光線
赤外線
マイクロ波
×
×
×

水上置換法で捕集する
無色無臭の気体
温室効果が強く天然ガスの主成分
化学式はCH4
二酸化炭素
一酸化炭素
一酸化窒素
メタン
×
×
×

海産の二枚貝
イタヤガイ科
浅海の砂礫の底にすむ
殻を激しく開閉して泳ぐ
アサリ
ハマグリ
アワビ
ホタテガイ
×
×
×

深層心理学者
アニマ、アニムス
スイスの心理学者
フロイトの弟子
フロイト
スキナー
ブロイラー
ユング
×
×
×

無数に存在する
「非素数」ともいう
最小は「4」
1とその数以外の約数をもつ整数
素数
完全数
過剰数
合成数
×
×
×

無数に存在する
完全数の倍数はすべてこれになる
最小は「12」
自身を除く約数の総和>元の数
合成数
不足数
完全数
過剰数
×
×
×

無次元数
ガスの吸収操作に関する
「反応吸収係数」とも呼ばれる
日本の科学者にちなむ
ロスビー数
八田数
ビオ数
ヌセルト数
×

×
×
無次元数
流体力学で用いられる
オーストリアの物理学者にちなむ
液体の流れの速さと音速との比
クヌーセン数
アッベ数
ヌセルト数
マッハ数
×
×
×

生体の細胞外液に多く存在
原子炉の冷却剤に用いられる
水と激しく反応し水素を発する
原子番号「11」、元素記号「Na」
アルミニウム
ベリリウム
マグネシウム
ナトリウム
×
×
×

生物分布の境界線のひとつ
日本の動物学者にちなむ
両生類、爬虫類などの分布から提唱
宗谷海峡上に引かれる
蜂須賀線
八田線
三宅線
渡瀬線
×

×
×
白金族元素
1803年にウォラストンにより発見
小惑星の名前にちなみ命名
原子番号「46」、元素記号「Pd」
ルテニウム
イリジウム
パラジウム
オスミウム
×
×

×
白金族元素
1803年にウォラストンにより発見
語源はギリシャ語の「バラ色」
原子番号「45」、元素記号「Rh」
ルテニウム
パラジウム
ロジウム
オスミウム
×
×

×
目の部分
収縮・弛緩する
水晶体の厚さを変える
ピントを調節
毛様体
虹彩
硝子体
網膜

×
×
×
秋の星座
α星はアルデミラン
有名な変光星を多く持つ
エチオピア国の王から命名
レチクル座
ケフェウス座
エリダヌス座
カシオペア座
×

×
×
秋の星座
α星はアルフェラッツ
巨大な渦巻銀河がある
エチオピア国の王女から命名
オリオン座
カシオペア座
アンドロメダ座
ケンタウルス座
×
×

×
秋の星座
α星はミルファク
毎年7~8月に見られる流星群
ギリシャ神話の勇者から命名
カシオペア座
ペルセウス座
ケンタウルス座
ケフェウス座
×

×
×
秋の星座
エチオピア国の王妃から命名
別名「山形星」「錨星」
北極星を見つける目安
ケフェウス座
ヘルクレス座
カシオペア座
アンドロメダ座
×
×

×
竜盤目
獣脚亜目
「暴君のトカゲ」という意味
「最強の恐竜」とも呼ばれる
ステゴサウルス
ティラノサウルス
ブラキオサウルス
メガロサウルス
×

×
×
約2億5100万年~1億9500万年前
アンモナイトなどが栄え始める
中生代最初の時代
原始的な哺乳類が出現
白亜紀
古第三紀
三畳紀
新第三紀
×
×

×
約3億6000万~2億8000万年前
巨大な昆虫や節足動物が繁栄
爬虫類が出現
両生類が地上に上陸
ペルム紀
デボン紀
シルル紀
石炭紀
×
×
×

約5億4400万~5億年前
生物種が爆発的に増加
三葉虫などの無脊椎動物が繁栄
古生代の最初の紀
石炭紀
シルル紀
カンブリア紀
デボン紀
×
×

×
約5億~4億4000万年前
筆石類やオウムガイ類が繁栄
大量絶滅で三葉虫の種が半減
魚類が出現
オルドビス紀
石炭紀
シルル紀
デボン紀

×
×
×
細胞中の構造体
神経細胞や分泌線細胞に多い
平らな袋が重なっている
イタリアの学者が発見
リボソーム
リソソーム
クロロフィル
ゴルジ体
×
×
×

細胞壁を持たない
ウイルスと細菌の中間
「オリンピック熱」とも呼ばれる
肺炎を引き起こす
ビブリオ
マイコプラズマ
ヘリコバクター
レジオネラ
×

×
×
結腸
盲腸
虫垂
直腸

小腸

大腸
×
×
×

絶滅した飛べない鳥
マダガスカルに生息
別名「象鳥」
怪鳥ロックのモデル
ダチョウ
エミュー
ドードー
エピオルニス
×
×
×

絶滅危惧種とされる鳥
1981年に発見される
くちばしと脚が赤い
沖縄本島北部のみに生息
コウノトリ
ヤンバルクイナ
タンチョウ
トキ
×

×
×
絶滅危惧種とされる鳥
北海道の湿地などで見られる
頭頂は赤く、裸出している
長寿でめでたい鳥とされる
タンチョウ
クマゲラ
コウノトリ
シマフクロウ

×
×
×
絶滅危惧種とされる鳥
本州中部の高山に見られる
羽は夏は褐色、冬は白色
長野県・岐阜県・富山県の県鳥
クマゲラ
トキ
シマフクロウ
ライチョウ
×
×
×

耳小骨のひとつ
もっとも内側
人間の骨の中でもっとも小さい
馬具の名前
あぶみ骨
きぬた骨
つち骨
ないじ骨

×
×
×
肉状体
癒傷(ゆしょう)組織
人工培養した細胞塊
ランの生産に用いる
セル
コロニー
カルス
クローン
×
×

×
脊椎動物
一生、肺呼吸をする
心臓は二心房二心室
最大はダチョウ
哺乳類
爬虫類
鳥類
両生類
×
×

×
脊椎動物
心臓は二心房一心室
一生、肺呼吸をする
最大はイリエワニ
爬虫類
魚類
哺乳類
両生類

×
×
×
自律神経系
副交感神経
延髄
だ液腺
迷走神経
顔面神経
仙髄神経
動眼神経
×

×
×
花の代表的な品種
ラジアンス
ベルサイユ
センセーション
バーベナ
コスモス
デイジー
ガーベラ
×

×
×
融点は1535℃
沸点は2750℃
原子番号26、元素記号Fe
もっとも身近な金属元素


水銀


×
×
×
血液の成分
骨髄巨核球から作られる
大きさは2~3マイクロメートル
血液を固まらせる
赤血球
血しょう
血小板
白血球
×
×

×
視直径は太陽に次いで2番目
赤色の超巨星
アラビア語で「巨人のわきの下」
オリオン座のアルファ星
リゲル
アンタレス
ベテルギウス
プロキオン
×
×

×
蹄状紋
弓状紋
渦状紋
一生変わらない
関節
網膜
心臓
指紋
×
×
×

重さの単位
480グレーン
約31グラム
貴金属や宝石の計量
スラグ

トロイオンス
カラット
×
×

×
野依良治
利根川進
福井謙一
湯川秀樹
東京大学
大阪大学
東北大学
京都大学
×
×
×

金魚は104
ネコは38
イヌは78
ヒトは46
染色体の数
成体の骨の数
法定伝染病の数
血液型の数

×
×
×
銅とニッケルの合金
ピストルの薬莢に用いられる
船舶の部品に用いられる
100円硬貨などに用いられている
白銅
青銅
真鍮
赤銅

×
×
×
銅と亜鉛の合金
5円硬貨に用いられている
別名は「黄銅」
英語では「ブラス」
白銅
青銅
赤銅
真鍮
×
×
×

長崎バイオパークは「聖地」
和名はオニテンジクネズミ
バンプレストの人気キャラ
最も大きいげっ歯類
カピバラ
グンディ
ヤマネ
トビウサギ

×
×
×
防腐剤や化粧品に使用
無色で針状の結晶
トルエンを酸化して精製
最も簡単な芳香族カルボン酸
酒石酸
安息香酸
桂皮酸
琥珀酸
×

×
×
飛べない鳥
現地名は「アガチャ」
1981年に新種と確認
沖縄の山原地域に棲息
ヤンバルクイナ
エミュー
ドードー
ノグチゲラ

×
×
×
鳥盤目
鳥脚亜目
「イグアナの歯」という意味
最初期に発見された恐竜の1つ
イグアノドン
ティラノサウルス
トリケラトプス
ステゴサウルス

×
×
×
黄色い色素
ホウ素の定量に使用
タクアンの色づけに使用
カレーを作るウコンが含む
クルクミン
クロシン
アントシアン
リコピン

×
×
×
黄色い色素
中枢神経を活性
クチナシの実
サフランの雌しべ
ウロビリン
クルクミン
クロシン
テトラセン
×
×

×
黄道12星座のひとつ
冬の星座
α星はアルデバラン
かに星雲がある
おうし座
さそり座
かに座
ふたご座

×
×
×
黄道12星座のひとつ
冬の星座
α星はカストル
現在は夏至点がある
おとめ座
ふたご座
おうし座
さそり座
×

×
×
黄道12星座のひとつ
秋の星座
α星はサダルメリク
3つの流星群がある
みずがめ座
ふたご座
おひつじ座
うお座

×
×
×
黒○チカ
桜○一郎
○原良純
池○菊苗





×
×
×
鼻腔
喉頭
気管
呼吸器
循環器
消化器
神経器

×
×
×